2017年03月06日

[セミナー情報]3月15日(水)18:00~「ノマドワーカーの働き方とは?」セミナーのお知らせ

ノマドワーカーの働き方とは?
好きな場所、好きな時間に自由に働きたくはありませんか?
「Nomad(ノマド)」とは英語で「遊牧民」という意味です。
遊牧民は移動しながら生活する人々のことを指します。
そのような遊牧民のように特定の職場を持たずに移動しながら
仕事をする人々のことをノマドワーカーと呼びます。

現在、働き方改革と言われている中で、ノマドワーカーのような働き方を求めている方が増えてきました。
以前、FECCにて行いましたセミナーでノマドワーカー、テレワーク、兼業・副業と紹介し、
アンケートの結果ノマドワーカーに興味を持っている方が多かったので、
ノマドワーカーの働き方について考えてみましょう。

●短期的なノマド●
・フリーランス、外注、業務委託を受けた際、何をいつまで、いくらで、という仕事を明確にする
・契約書を交わすほうが良いが、交わさないときの次の手は「何を」という中身、範囲が府計画にになりがち

●長期的なノマド●
・長期的な契約(ex1年とか)は、報酬のもらい方に注意
・長期的な場合は、外注ではなく雇用になることがある。その際は、有給や社会保険に加入することになる

短期的なノマド、長期的なノマドと様々なスタイルがあります。
今後ノマドワーカーのような働き方をしたい方や、現在ノマドワーカーのように働いている方も
ご参考になると思いますので、是非ご参加くださいませ。

【登壇者】
AIP事務局 村上 純志 氏

FECC相談員 (いくしま法律事務所) 生島 一哉 氏

【主催】
FECC

【スケジュール】
18:00 イベントスタート
18:05 村上 純志 氏
18:20 生島 一哉 氏
19:05 トークセッション
19:50 質疑応答
20:10 交流会、相談会
20:30 終了

参加費無料/予約不要